我が家のジョジョくんを迎えるにあたって工夫したところがいくつか合って、一つは居住スペースでした。
犬のスペースはどれくらい必要なのか、実家の犬は時代もあって外飼いだったので犬小屋でしたが、家の中ではケージに入れるのが基本なのかなとなんとなく思いリッチェルのケージをAmazonで買いました。今は型が変わってしまいましたが当時は全長180cmの一番大きい物を買い、とにかくトイレと居住スペースが離れれば良いのかなと思っていました。
犬は自分の寝床は汚さない、そんな言葉を聞いていたので期待したのですが子犬の頃のトイレトレーニングというか、その辺りの管理は最近まで苦労しました。後でこれは詳しく記したいと思います。

最初の状態まずはケージです。「リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル

下のトレーを引き出してトイレの掃除ができるという事で買いました。でも隙間が狭いのでフンが重なって高さがあるときは揺らして低くしないと干渉してしまい掃除が面倒に。これ以外は良かったです。一度組み立ててもばらす事ができるので一度しまっていた時期もありました。
子犬のうちは目を離すと大変な事もあるので一旦安全なケージの中に入ってもらう事で犬も飼い主も安心して過ごせると思います。

うちのジョジョくんは3歳になった時にこのケージを卒業しました。決めてはトイレで必ず用を足してくれるようになったのといたずらをしなくなった事です。(今でも散歩が足りないと多少はいたずらはありますがほぼないです)トイレトレーニングと合わせて悩ませたのが食糞だったのですが、(これはペットショップ出身だとあるあるだと思います)食糞というのが認識できず、私はトイレの際に踏んでしまっていたのかとよくわからず、とにかくトイレを綺麗に使って欲しいと思っていたのですが、食べていたんですね。。犬の習性とはいえ気分が悪かったのでかなり悩みました。
たまたま近所に詳しい方がいたので解決策が分かり晴れてケージレスで基本自由に過ごそうねとなりました。

私のように悩まれている方がいたら助けになりたいと思い記しますが、食糞の原因は基本食べ物です。ドッグフードが合わない場合もありますし、おやつや人間の食べ物などが未消化で残ってしまう場合食べてしまう事が多かったです。犬が可愛いからつい人間の食べ物をあげてしまいますが、ご飯をあげていれば必要ないので食糞で悩むならやめましょう。
私がご近所さんのトレーナーさんに教わったのはおやつは「ちっちゃなわんわんビスケット」だけでこれも少量まで。五つに割れるので一回に一粒まで。これで劇的に改善しました。

ご飯は子犬の頃からあげているシュプレモのままですがこれは大丈夫のようです。小型犬用成犬用以外をあげるとダメみたいなので、食いつきもいいしこのままにしました。フードもいけないかと色々変えてみましたがかえって悪化してフンが臭くなったりしたので体に合ってるみたいです。

あと、もう一つ重要なのは信頼関係です。散歩にきちんと行ってストレスを溜めていないか、しつけを行い主従関係が保たれているか。
私がいる時はしないのに旦那さんが管理している時はやる場合もあります。うちでの生活では主に私が管理し指示を出しているので私の事は絶対ですが、旦那さんは甘いので許されると思ったようです。

以上のことを踏まえ、晴れて自由に家を歩き回ることになったのですが、人間が外出する時はクレートに入れるか、リビングをサークルで仕切ってクッションやクレートなど広い範囲で自由にしてもらうという方法を取りました。
子犬の頃別のトレーナーさんに自宅に訪問してもらった事があるのですが、その際無駄吠えの原因として全くの自由だとテリトリーを広く与えすぎている事もあるかもという事でサークルを購入しました。

リッチェル キャンピングキャリー 折りたたみ(L)

amazonベーシック 犬用サークル

それらを利用してこのように設置してます。

くつろいでます。


外出時はサークルを囲いその中で自由にしてもらいます。
これはカメラの画像ですが温度管理のため温度計をくっつけてあります(画面を拡大して確認します)トイレが荒らされていないか心配でつけました。

これは地味に嬉しかったのですがケージのトレーの幅とクレートの奥行きがぴったりハマり同じメーカーで揃えてよかったと思いました。
ちなみにトイレも水飲みもリッチェルです。ほとんどリッチェルで揃えていますが案件とかなんでもなくリーズナブルでしっかりしているイメージがあったからです。

トイレは男の子ですが壁を作ったりしてなくてシーツを一枚余分に少しせり上げるように設置してあるだけです。ジョジョくんは生まれた時からこのトイレなのでなるべく地面に落ちるようにおしっこをしてくれます。

リッチェル 「水飲み」「スタンド」 これはケージの場合は柵に固定できて、専用のスタンドもあるのでケージレスになったらスタンドに設置して利用してます。
給水器は舐めるように飲ませるものもありますが、単純に飲みやすいかなと思ってこれにしてます。最初は浄水器の水をあげてましたら日中入れっぱなしなのはかえって腐敗するかもと思い水道の水をそのままあげてます。

忘れている事などありそうですが、一応一通りの身の回りの設備について記しました。ここまで思い返して、子供の頃犬を飼った時よりかなり気を使っているなと思いました。家の中で暮らすとなると第一に衛生面をしっかりしないといけないのできちんと管理しなくてはという事に尽きると思いました。
スムースより毛が抜けないにしても毛が抜けるのは仕方のない事なのでこまめに掃除をしたり、犬のものを触ったあとは必ず手を洗って人間の物を触るとか、私がよくやってしまったのは犬を触った後目を擦ってしまい結膜炎になったりしました。

子供の代わりだとはいえ動物なのできちんとしないとズーノーシスを気をつけないといけないといつも意識してます。身の回りの品はその一歩だと思いました。